「空き家」増税放置の抑止力に

自治体が優遇解除 特措法で解体・流通を促進

平成27年の空き家対策特別措置法の施行に伴い、倒壊の恐れがあるなど周辺の生活環境に悪影響を与えかねない「特定空き家」に対し、自治体は補修や解体を求め、それでも応じない場合は代執行で解体できることになりました。

自治体から特定空き家に指定されると、固定資産税が最大6分の1、都市計画税が同3分の1に軽減される特例が受けられなくなってしまう可能性があります。


サポートエリア:

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、中原区、幸区、川崎区、高津区、宮前区、港北区、都筑区、青葉区、神奈川区、中区、西区、多摩市、三鷹市、武蔵野市、府中市・奄美大島・徳之島・与論島